宅建 独学で絶対合格

法令上の制限

〔平21-18〕 建築基準法に関する次のアからエまでの記述のうち、正しいものはいくつあるか。

ア 準都市計画区域(都道府県知事が都道府県都市計画審議会の意見を聴いて指定する区域を除く。)内に建築する木造の建築物で、2の階数を有する者は、建築確認を必要としない。

イ 防火地域内において建築物を増築する場合で、その増築に係る部分の床面積の合計が100u以内であるときは、建築確認は不要である。

ウ 都道府県知事は、建築主から構造計算適合性判定を求められた場合においては、原則として、当該構造計算適合性判定を求められた日から1月以内にその結果を記載した通知書を建築主事に交付しなければならない。

エ 指定確認検査機関は、確認済証の交付をしたときは、一定の期間内に、確認審査報告書を作成し、当該確認済証の交付に係る建築物の計画に関する一定の書類を添えて、これを特定行政庁に提出しなければならない。

 一つ
 二つ
 三つ
 四つ
Copyright (C) 2013 宅建 独学で絶対合格 All rights reserved