宅建 独学で絶対合格

その他の分野

〔平21-50〕 建物の構造に関する次の記述のうち、不適当なものはどれか。

 鉄骨構造の特徴は、自重が重く、耐火被覆しなくても耐火構造にすることができる。

 鉄筋コンクリート構造は、耐火、耐久性が大きく骨組形態を自由にできる。

 鉄骨鉄筋コンクリート構造は、鉄筋コンクリート構造よりさらに優れた強度、じん性があり高層建築物に用いられる。

 集成木材構造は、集成木材で骨組を構成した構造で体育館等に用いられる。

Copyright (C) 2013 宅建 独学で絶対合格 All rights reserved