宅建 独学で絶対合格

その他の分野

〔平24-50〕 建物の構造に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

 鉄筋コンクリート構造の中性化は、構造体の耐久性や寿命に影響しない。

 木造建物の寿命は、木材の乾燥状態や防虫対策などの影響を受ける。

 鉄筋コンクリート構造のかぶり厚さとは、鉄筋の表面からこれを覆うコンクリート表面までの最短寸法をいう。

 鉄骨構造は、不燃構造であるが、加熱に遭うと耐力が減少するので、耐火構造にするためには、耐火材料で被覆する必要がある。

Copyright (C) 2013 宅建 独学で絶対合格 All rights reserved